PR

成長――ウマ娘 プリティーダービ― Season 3 第7話「あたしたちの有マ記念」【アニメ感想】

アニメ感想

引き続き、アニメ『ウマ娘 プリティーダービ― Season 3』を見た感想です。

史実をよく知らない状態でアニメ初見での感想を書きます。

  • TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービ― Season 3』公式サイト
TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』公式サイト
TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』2021年1月4日(月)より放送開始!キミと夢をかけるよ

なお、アニメ感想のページは、記事の性質上、ネタバレ的な要素を含みます

未視聴のかたはご注意下さい。

ストーリー

アニメの内容をここで書くと著作権法に抵触する可能性があるため、以下の公式サイトから引用します。

STORY | TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 3』公式サイト
TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 3』2023年10月4日(水)より放送開始! 「諦めない、この手が届くまでーー」

有マ記念のファン投票に選ばれたキタサンとダイヤ。
ふたりは幼い頃に見たトウカイテイオーの有マ記念に感動し、いつかこんな大きなレースで一緒に走ろうと約束していた。
お互い強い思いを胸に、運命のレースのゲートが開く。

©Cygames, Inc.
https://anime-umamusume.jp/story/

感想

キタサンブラックサトノダイヤモンド。初の大舞台での対決となりました。
前シーズンのTM対決に相当するわけですが、あの時の「どちらかの記録が破られる」のような悲壮感は少なく、夢の親友対決の実現というようなお祭り感が強い雰囲気です。
まあ、勝負に対する真剣さ、気持ちの強さでサトノダイヤモンドがわずかに上回ったという印象でした。

事前にシュヴァルグランサウンズオブアースの描写もそれなりにあったので、キタサト対決と思わせておいてこちらの二人が勝つ流れかなと思ったのですが、順当に二人の対決でしたね。
さすがに宝塚記念と同じ演出を何度も繰り返したりはしませんね。
ともあれ、史実を事前に知らない状態で見たほうが楽しめるというのはありそうです。

まあ、とはいえ、今思えば今回サトノダイヤモンドが勝つのは史実を知らなくてもある程度読めたかもしれません。
ここまでキタサンブラックがG1で3勝、サトノダイヤモンドは1勝ですから、今回仮にキタサンブラックが勝ったとしたら4勝と1勝で差がつきすぎてライバル扱いし難くなる感があります。
3勝と2勝でサトノダイヤモンドのほうが1勝少なく直接対決でサトノダイヤモンドが勝利という状況なら、まさにライバルといった勝敗といえそうです。

もっとも、今回はどちらが勝つかというストーリーそのものよりも、前シーズンのこのレースで観客だった立場のキタサンブラックサトノダイヤモンドが勝負の舞台に立つまで成長したという点が感慨深いところです。
トウカイテイオーのレースの時は、「どうした急に」の二人の「勝てると思うか」「それ聞いちゃう?」という会話に対して、小さいキタサトコンビが隣で異議を唱えていました。
そんな二人は今回は「どっちを応援する?」という会話をしていました。
言うまでもなく二人とも両方を応援していた様子ですが、感慨深いものがあったことでしょう。

今日は以上となります。ここまでお読み下さいましてありがとうございました。

シュヴァルちゃん、負けて悔しそうだったね。

主要登場人物の一人ですし、今後見せ場は出てくるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました