PR

個人的に楽しい場面――Dr.STONE第1期第20話「動力の時代」【アニメ感想】

Dr.STONE

引き続き、「Dr.STONE」のアニメの感想です。

  • 「Dr.STONE」公式サイト
アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」公式HP
TVアニメ『Dr.STONE(ドクターストーン)』(集英社 ジャンプコミックス刊)第4期『Dr.STONE SCIENCE FUTURE』制作決定!

なお、アニメ感想のページは、記事の性質上、ネタバレ的な要素を含みます

未視聴のかたはご注意下さい。

ストーリー

アニメの内容をここで書くと著作権法に抵触する可能性があるため、以下の公式サイトから引用します。

STORY DETAIL
週刊少年ジャンプで大好評連載中の「Dr.STONE(ドクターストーン)」が、待望のTVアニメ化決定!2019年7月より放送がスタートします。全人類が石化した世界を舞台にした、前代未聞の最強冒険譚(アドベンチャー)をお楽しみに!

「人類200万年最強の武器、ケータイを作る!」千空の宣言により、村での携帯電話作りがスタートした。司軍に先制攻撃を仕掛ける為、情報戦を制する最強の武器、ケータイを手に入れたい千空。しかし、石の世界(ストーンワールド)の村人たちにとっては未知の領域。そんな中、ケータイ作りロードマップの第一歩として千空が作りだしたのは、何故か、あのスイーツだった……!

©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会
https://dr-stone.jp/story/1st/20/

感想

個人的に、この作品らしさの溢れた面白い場面だと思います。

実際に実現可能かどうかは置いて、知恵と工夫で積み上げていくという。
ご都合主義についても今回はあまり目立たず、千空クロムカセキを始めとした村のメンバーがそれぞれ頑張っていて、見ていて楽しい場面です。

まあ、ご都合主義な点をあげるとするなら、千空の考えが一致していた部分ですかね。
ゲンの読みが鋭いのかもしれませんが、司の考えを断定してしまって良いのかという部分が気になりました。
とはいえ、時間の猶予については作戦の大前提ですから、決め打ちするしかないところでしょう。
指示する側としては100%の確信がなくても、皆を動かすためには断言したほうが良いというのはありそうです。

わたあめ機については、敵のほむらへに差し入れしたエピソードが印象的でした。
千空の意図は気になるところですが、敵の寝返りを狙うという意図も、ルリが語った考えも、どちらも含まれていると思います。
まあ、ルリがあれだけ印象的に語っていながら千空が「微塵も思っていない」という流れは無いでしょう。
コハクが父からもらった盾をあっさりギアに流用した場面とは描写のされかたが違いますし。

千空の女性の話題に、村の女の子が聞き耳を立てたのも面白いところ。まあ、千空自身は恋愛には興味ないとしても、現状では異性からもてるポジションにあるのは疑いないです。

まあでも、やはりクロムカセキが水車を作ったのが良かったですね。
そりゃまあ、この時代に何かを思いついたとしても、ほとんどのことは誰かが既に行ったことがあるでしょうけど、自力で考えついて作り上げたというのは凄いです。
もちろん、クロムがアイディアを思いついた時点で千空に相談していれば千空の知識で最適な水車のアドバイスをもらえたでしょうし、時間や失敗リスクを考えればそのほうが良かったかもしれませんが、とはいえ人間がやることには「モチベーション」も重要です。千空を驚かせてやろうというモチベーションで3日間頑張れたのであれば、秘密にしておいたのが誤りとは言いきれないところです。

今日は以上となります。ここまでお読み下さいましてありがとうございました。

山まで続く物を作れるだけの電線の材料はあったのかな?

さすがに最初に量の確認はしていると思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました