姉上の綺麗な声――銀河英雄伝説Die Neue These第23話「さらば、遠き日」【アニメ感想】

アニメ感想

銀河英雄伝説Die Neue These第23話「さらば、遠き日」の感想です。
なお、私は原作と旧作のアニメは視聴済みで、その上での感想になります。

  • 銀河英雄伝説Die Neue These公式サイト
新アニメプロジェクト「銀河英雄伝説」公式サイト
「銀河英雄伝説 Die Neue These」フォースシーズン「策謀」第一章2022年9月30日(金)、第二章2022年10月28日(金)、第三章2022年11月25日(金)より上映開始

なお、アニメ感想のページは、記事の性質上、ネタバレ的な要素を含みます

未視聴のかたはご注意下さい。

ストーリー

アニメの内容をここで書くと著作権法に抵触する可能性があるため、以下の公式サイトから引用します。

新アニメプロジェクト「銀河英雄伝説」公式サイト
「銀河英雄伝説 Die Neue These」2018年4月より放送開始決定! 銀河の歴史 再び…

リップシュタット貴族連合との戦いは決着した。ラインハルトは敵の本拠地だったガイエスブルク要塞において、戦勝式典と捕虜の引見を行う。式典会場に入ろうとしたキルヒアイスは、衛視から銃を持ち込まないよう注意を受ける。これまでが特別扱いだったのだ、と自身を納得させるキルヒアイス。会場のラインハルトの前に、ブラウンシュバイクの腹心、アンスバッハが主君の遺体を収めた棺とともに現れる……。

© 田中芳樹/銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会
https://gineiden-anime.com/story23.html

感想

アンスバッハによる「事件」から、ラインハルトが復活するまでの話です。

ラインハルトの「もろい」面がよく出ていたと思います。
普段の冷静な言葉とは全く違う感情的な様子がよく伝わってきました。

もちろんオーベルシュタインにもこの事件は想定外であって、もし予想していたらアンスバッハへの検査を厳しくしていたことでしょう。
結局のところ打開策を出したのもオーベルシュタインでした。
これを奇貨として潜在的な敵を一掃して、ラインハルトの覇業達成に非常に大きな貢献をしています。
同僚には嫌われながらも正論を貫く、オーベルシュタインの存在意義は銀英伝にとって極めて大きいです。

アンネローゼのセリフ「かわいそうなラインハルト」。旧アニメで非常に印象的でしたが、今回のアニメでもかなり印象的に聴こえました。
旧作の潘恵子さんの声がハマり過ぎていたので、それと違った雰囲気に感じるのはやむを得ないところ。
今回の声は坂本真綾さんなんですね。まだまだ登場機会はありますので、ぜひ新作のアンネローゼ様の存在感や魅力を見せて欲しいです。

声といえば、ヒルダの声がすごく可愛いです。調べてみたら花澤香菜さんなんですね。
ルックスも含み、普通に好きなキャラになれそうな雰囲気があります。
次シーズンから本格的に登場。楽しみです。

今日は以上となります。ここまでお読み下さいましてありがとうございました。

「疲れてはいけません」って、厳しいお姉さんだね!

落ち込んでいたラインハルトを叱咤激励する意味もあったでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました