模試を受けよう【めざせ宅建試験!】

宅建試験

あの、今年は宅建を目指すんでしたよね? 宅建記事も全然書かれてませんし、勉強は進んでますか?

どうだろうね。アニメも見てるし、ウマ娘のゲームにはまってるし……

ゲームしながらFP2級でいい点数を取っちゃったし、甘く見てるんじゃないかな?

宅建は合格率15%程度の難関試験。本気を出さないと痛い目を見ますよ。

困ったものだね……

では、こうしましょう。これから毎週宅建の模擬試験を受けて下さい。その結果を記事にすることにしましょう。

模試ですか……まだ勉強も出来てないし、ちょっと早すぎませんかね?

いえいえ、その考え方はNGですよ。模試は早めに受けて弱点を把握するべきです。

そういえばそうでした。


今日は、宅建試験に向けてどの模試を受けるか候補をあげていきましょう。

市販の模擬試験

宅建も、例によってLECやTACから予想模試が発売されています。

なんと、一冊の中に4回分も模試が載っているんですね。
さらに解説講義も聴くことができるそうで。

あと有名どころの市販の模試は以下のようです。


会場模試

会場で受けられる模試は以下のような感じです。

LEC関連の模試が非常に多いようです。

模試シリーズ - 宅建士|LEC東京リーガルマインド
毎年6月から最大9回にも及ぶLEC東京リーガルマインド宅建士講座の模擬試験!これだけやるのにはワケがある!抜群の本試験的中実績を誇る模試で、苦手分野を早めに見つけ出そう。長年の経験・データ分析の結晶である「LEC模試シリーズ」。

見ていると、行政書士などの時のお祭り感を思い出します。

資格の大原にもあります。

2022年10月受験対策 全国統一公開模擬試験 会場受験 | 宅建士(宅地建物取引士)講座 | 資格の大原 社会人講座
大原講師陣が厳選した50問! 本試験と同じスタイルで行われる公開模擬試験です。試験直前の実力判定に最適です。

もちろんTACでも開かれると思われます。

いずれにせよ、会場受検と自宅受検から選択できると思われます。
試験慣れしてない人には会場受検が推奨されるところですが、会場まで向かう時間や手間を考えれば、私は自宅受検で良いかと。

費用対効果を考えれば市販の模試だけで十分でしょうし、あまり受けすぎると消化不良に陥るというのもわかりますが、私としては「お祭り感」を重視していきたいです。

全部受けるのは物理的に困難

まあでも、市販の模試を2冊買えば8回。
さらにLECの模試が6回以上あるようですから、それだけでも14回。
フォーサイトにも模試があったはずです。


あれもこれもというのは物理的に無理ですから、そのあたりに絞る感じですからね。

では、さっそく来週からってことで……

いえ、「さっそく」と言われるなら、明日の記事から開始するのが筋では?

……まあ、そうですね。
では明日からにしますか。
ひどい点数になりそうな気がしますが、ご愛敬ということにしましょう。

今日は以上となります。ここまでお読み下さりありがとうございました。

免責事項 この記事の内容は個人が勉強のために調査した内容を記載したものであり、正確性を保証するものではありません。当記事の内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
タイトルとURLをコピーしました