セイちゃんが三冠ウマ娘の称号を獲得!――ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービー

先週書きましたが、相変わらず、「ウマ娘 プリティーダービー」にハマっています。

私のお気に入りキャラはニシノフラワーと、そしてセイちゃんことセイウンスカイ


今思えば、二人ともその時のガチャのピックアップキャラだったのですが、確率的にはかなり低かったはず。
ビギナーズラックだと思いますが、よく来てくれたものです。

本当にビギナーズラックなのか実際に計算してみてはいかがでしょう。良い練習問題かと思いますよ。

さて、セイちゃんの育成は当初は試行錯誤で全然うまくいかなかったのですが、その後コツをつかんで、URAファイナルズ(育成イベント)で優勝させることができました。今回はその話で。

バクシン教の限界

ウマ娘初心者に向いている育成方法に、バクシン教と呼ばれる育成方法があります。


「バクシン」が口癖のサクラバクシンオーにちなんだ方法で、スピードをひたすら強化する方法です。
レースは走る競技ですから、あらゆるパラメータの中で最も重要なのはスピード。
サポートカードもスピードで揃え、トレーニングは基本的にはスピード中心(体力の状況によっては賢さも)。
短距離が中心のウマ娘はこれで勝てるのです。

サクラバクシンオーはもちろん、サイレンススズカニシノフラワーも、スピード中心の育成方法で勝つことができました。
まあ、多少パワーやスタミナが混じっていた気もしますが、基本的にはスピード優先でした。

ですが、セイちゃんはもちろん、ダイワスカーレットあたりもこの方法では途中で壁に突き当りました。
距離が長いレースは、スピードばかり育てていると、どうしてもスタミナ不足で勝てなくなってきます。

スタミナも重要

そこで、スピードスタミナを同じくらい鍛える方針に切り替えました。
サポートカードも、スピードとスタミナが偏らないようにしました。

その結果、スピードの数値はカンストから程遠くなってしまいましたが、スタミナがついて終盤でバテることがなくなってきて、今まで勝てなかったクラシックのレースに勝てるようになってきました。

セイちゃんは以前引っかかっていたダービーもクリアできるようになり、なんと、皐月賞・ダービー・菊花賞の三冠を制覇しました。
アニメではシンボリルドルフ会長などわずかしかいなかった、三冠ウマ娘になったのです。

重要なレースを勝つと、その後出場するレースで「○○賞ウマ娘」と紹介されるのですが、この時は「三冠ウマ娘 セイウンスカイ」と紹介されるようになって、かなり嬉しかったです。

とはいえ今のところセイちゃんはB+ランク。Aランクを目指すのはまだまだ厳しそうです。

唯一のAランク・ニシノフラワー

初心者のためサポートカードや因子が弱いので、まだまだAランクのウマ娘育成は厳しいのですが、ニシノフラワーさんがなぜかAランクを獲得していました。

この時はまだバクシン的育成だったように思うんですが、思ったよりもバランス良く育成できてたんですかね。
まあ、運要素が強いとは思います。

ニシノフラワーのイベントですごく印象的だったのが、夏合宿(3年目)終了のセイちゃんとのエピソード。トレーナーのほかに、もう一人自分を見守ってくれたとニシノフラワーが語るシーンがすごく好きです。

さすがのセイちゃんもこのニシノフラワーの言葉にはじーんときたようで……。

二人そろってもっと強くしたいものです。

まとめ

「ウマ娘 プリティーダービー」のゲーム初心者として、最初の育成はスピードを強化する、いわゆる「バクシン教」が取っつきやすいですが、それだけでは距離が長いレースに詰まってしまいます。


スタミナも同じくらい強化する必要があったようです。

スピードとスタミナを同じくらい強化することで、セイちゃんことセイウンスカイさんを三冠ウマ娘にすることが出来ました。

現在唯一のAランクであるニシノフラワーさん同様、ぜひもっと強くしてきたいです。

今日は以上となります。ここまでお読み下さりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました