今Seasonは区切り良い部分で終了――銀河英雄伝説Die Neue These第24話「わが友」【アニメ感想】

アニメ感想

銀銀河英雄伝説Die Neue These第24話「わが友」の感想です。
なお、私は原作と旧作のアニメは視聴済みで、その上での感想になります。

  • 銀河英雄伝説Die Neue These公式サイト
新アニメプロジェクト「銀河英雄伝説」公式サイト
「銀河英雄伝説 Die Neue These」フォースシーズン「策謀」第一章2022年9月30日(金)、第二章2022年10月28日(金)、第三章2022年11月25日(金)より上映開始

なお、アニメ感想のページは、記事の性質上、ネタバレ的な要素を含みます

未視聴のかたはご注意下さい。

ストーリー

アニメの内容をここで書くと著作権法に抵触する可能性があるため、以下の公式サイトから引用します。

新アニメプロジェクト「銀河英雄伝説」公式サイト
「銀河英雄伝説 Die Neue These」2018年4月より放送開始決定! 銀河の歴史 再び…

救国軍事会議によるクーデターが平定され、解放されたハイネセンで平和式典が開催された。トリューニヒト最高評議会議長は、巧みな演説で民衆の心をつかみ、場内の盛り上がりは最高潮に達する。軍人代表としてヤンは壇上でトリューニヒトと握手するよう求められる。不本意な行動を強いられ、不機嫌になるヤンだが、ふと自らの脳裏に浮かんだ考えに戦慄する。そんななか、イゼルローン要塞より、銀河帝国の宿将メルカッツ提督がヤンを頼って亡命してきたという驚きの報告が届く。

© 田中芳樹/銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会
https://gineiden-anime.com/story24.html

感想

2nd Seasonの最終回ということで、同盟・帝国・地球教が描写されました。
割と早足の印象があった2nd Seasonでしたが、今回は最終回だからかじっくりした印象でした。

慌てるに足ることはないというヤン自身の発言の直後に自ら慌てるエピソード、足をぶつけたりやけどしたりなどは無かったですが、声だけでも十分慌てたことがわかりました。

メルカッツが亡命してくるエピソードも楽しみでしたが、旧作のように素直に武器を提出しようとする素振りを見せるほうが好みではあります。もっとも、シュナイダーの進言に誤りがなかったと言葉で表した補完は良かったと思います。

トリューニヒトの部下たちも登場しました。
アイランズ氏、渋いというかなんというか、ホアン・ルイ氏と似たような印象を持ちました。
先に活躍するのはネグロポンティ氏ではありますが、特に感想を言うほどのことも無いですかね。

帝国側のキルヒアイスと、同盟側のラップ・ジェシカの対比での締めは良かったと思います。
と思いきや、「締め」は地球教とは。

魚や鳥がいなくなった地球を見ていると、地球教の言い分もわからなくは無い気がしてきました。

ともあれ、これで2nd終了。ちょうど原作第2巻までで区切り良く終わりました。

3rdは第3巻を12話かけるのが区切り良いと思いますが、どうなるか。

今日は以上となります。ここまでお読み下さいましてありがとうございました。

このまま3rdシーズンを続けて見るの?

dアニメストアに登場してからの話になるので、しばらくお休みでしょうね。
他のアニメも色々ありますから慌てることはありませんよ。

タイトルとURLをコピーしました