決戦、そして大団円――ウマ娘 プリティーダービー 第12R「夢の舞台」【アニメ感想】

アニメ感想

引き続き、「ウマ娘 プリティーダービー」の感想です。

今日は第12R「夢の舞台」です。

  • TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』公式サイト
TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』公式サイト
時速65キロ、青春駆け抜けます!2018年4月より、TOKYO MX、関西テレビ、サガテレビ、BS11、AbemaTVにて放送開始!

なお、アニメ感想のページは、記事の性質上、ネタバレ的な要素を含みます

未視聴のかたはご注意下さい。

ストーリー

アニメの内容をここで書くと著作権法に抵触する可能性があるため、以下の公式サイトから引用します。

TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』公式サイト
時速65キロ、青春駆け抜けます!2018年4月より、TOKYO MX、関西テレビ、サガテレビ、BS11、AbemaTVにて放送開始!

チーム<スピカ>にとって特別な週末の2日目。「彼女」はお母ちゃんや、チームメイト、ライバル達、そして自分とトレーナーの「夢」を背負って1人控室にいた……。日本最高峰のレースがいよいよ始まる……!

©2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会
https://anime-umamusume.jp/archive/1st/story/12.php

感想

スペシャルウィークブロワイエ
最終回にふさわしい盛り上げを見せてくれました。

「日本一のウマ娘になる」という当初の目標も、ハナさんの、この試合に勝てば日本一と言ってよいというセリフで伏線回収。
スピカもリギルも、今までのライバルだったウマ娘たちも皆全力でスペシャルウィークの勝利を応援するという、少年漫画的な熱い展開。
お母ちゃんも応援しにきてくれたし、セイウンスカイさん、エルちゃん、グラスワンダーさんといった、今までの強敵が応援してくれる展開は胸を熱くさせてくれます。

まあ、今回の話の展開は最初から最後までスペちゃんの勝ちフラグ満載だった印象です。レースは、いったんはブロワイエさんに追いつかれるのかと思ましたがそれは無く、鮮やかに勝ち切りました。

スズカさんと一緒に走るほうの夢はまだ叶ってませんが、この話の最後にオールスター的なレース出走ウマ娘の紹介があって終わっていたので、もしかしたら番外編がそうなるのかもしれません。

それと「ライブ」。初回にスズカさんのライブやスペちゃんの失敗シーンがあった後は、その設定は無くなったかのような雰囲気でしたが、最後の最後にスペちゃんが歌ってくれました。
最終回にふさわしいしっとりとした良い曲だったと思います。
2着のブロワイエさんにもステージに上がっていて欲しかった気もしますが、ブロワイエさんは物語の中ではボスキャラとして最後の数回に登場したのみですので、まあスペちゃん単独で良かったのかもしれません。

ともあれ、綺麗な終わり方で大満足でした。

今日は以上となります。ここまでお読み下さいましてありがとうございました。

引き続き次作も見るんだよねー!

ウマ娘は知名度ありますから、派生作品も色々とありそうですね。

タイトルとURLをコピーしました