PR

危ない橋を渡る価値――Dr.STONE第3期第11話「奇跡はこの掌で」【アニメ感想】

Dr.STONE

引き続き、「Dr.STONE」のアニメの感想です。

  • 「Dr.STONE」公式サイト
アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」公式HP
週刊少年ジャンプで大好評連載中の「Dr.STONE(ドクターストーン)」が、待望のTVアニメ化決定!2019年7月より放送がスタートします。全人類が石化した世界を舞台にした、前代未聞の最強冒険譚(アドベンチャー)をお楽しみに!

なお、アニメ感想のページは、記事の性質上、ネタバレ的な要素を含みます

未視聴のかたはご注意下さい。

ストーリー

アニメの内容をここで書くと著作権法に抵触する可能性があるため、以下の公式サイトから引用します。

第11話 奇跡はこの掌で - EPISODES|アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」公式HP
TVアニメ『Dr.STONE(ドクターストーン)』(集英社 ジャンプコミックス刊)第3期が2023年4月6日(木)より分割2クールにて放送開始!

敵の本拠地へ潜入中のコハクは、そこで、スーパーレアアイテム“プラチナ”が眠る宝箱・ソユーズを発見! しかし、プラチナは分厚いコンクリートの塊で覆われていて、簡単には取り出せない。千空はコハクと連携し、敵に気づかれない様にプラチナを奪う、宝箱開封ミッションに挑む!かつてこの島で生涯を過ごした百夜が、千空の為に遺してくれた大切な宝を手にいれる事はできるのか……⁉

©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会
https://dr-stone.jp/story/3rd/11/

感想

今回の活躍者は、千空を除けばコハク百夜ですかね。


敵が石化の武器を持っている以上、目の前にプラチナがあったとしても、敵の目から隠れてこっそり奪うという危険な橋を渡るよりは、最初に敵の戦闘能力を無力化してその後ゆっくりプラチナを獲得するほうが成功確率が高いような気がします。

ですが、あの場で復活液をすぐ作れるなら話は別。船の人員が復活できるのなら戦力が全然違ってきますし、危ない橋を渡るだけの価値はあるでしょう。

コハクがそれを認識していて行動していて、過去の経験からコンクリートの性質なども思い出したり千空の意に沿って動くなど、科学チームにとって満点の行動を取っているのがすごいです。

今まで敵の足止め役はほぼアマリリスが中心でしたが、今回は銀狼も槍の舞で活躍していました。逃げるための技術って、いやいや立派なものです。結果論ではありますが。

過去の百夜の行動は、予知能力でもないと難しいんじゃないですかね。
将来もしかしたら有効活用されるかもしれないから何十年も砂金を集め続けるとは。千空が復活できてそれが伝わる前提で行動していたようですが、アニメのように都合良く進む世界でないと難しいと思います。
砂の貴金属が有用だという前提知識がないとできない行動ですし。
現実的に考えるなら、目の前にいる子供たちに自分たちの生きてきた社会での経験を色々伝えるほうが有意義だと判断しそうな気がします。

まあでも百夜としても、これがいずれが必要になりそうだという勘が働いたのかもしれません。千空と暮らしてきてそういった勘が培われてきたのでしょう。

今日は以上となります。ここまでお読み下さいましてありがとうございました。

アマリリスちゃんの演技、何度も使っていたらそのうち通用しなくなるんじゃないかな?

いえいえ、目の前であのように誘惑されたらそうそう耐えられるものではないかと。

タイトルとURLをコピーしました